やりたいことリストを作ろう!(自分の薬を作る)

やりたいことリストを作る意義

皆さんは、やりたいことリストを作ったことはありますか?

お母さんになったら、日々の生活に追われて自分の叶えたい夢を見るなんてあまりないですよね。

少なくとも私は、そんなことを考える時間がありませんでした。

初めてやりたいことリストを作ったとき

初めてリストを作ったのは、10年ぐらい前のことです。

新しい場所に引っ越したりして、一人で小さかった子ども二人を抱えて

東日本大震災を経験し、心身の調子を崩し、パニック障害になったときでした。

不安から逃れるために、色んなことをしましたが、

ある書に、「やってみたいことを50書き出してみよう!」というワークがあって

とにかく、やれることをやってみようと、書いてみたのが初めてでした。

やりたいことを作ってどんな変化が起きた?

最初はとにかく思いつくままに書いていたら

昔のことを思い出して、やろうと思ってそのままにしていた目標を思い出しました。

日々の小さな願望から、人生をかけてやりたい大きな願望も出てきました。
そして、考えているうちに、その作業に没頭し、楽しくなっている自分に気がつきました。

 

嬉しい効果!

ほんのひと時、今抱えている不安を忘れ、人生に前向きになる時間が作れていることに、
とても嬉しい気持ちになりました。その何となく、気持ちが上向きになったなぁと感じること
これ、とても重要です。

 

良かったら試してみてください!

 

誰に見せるものでもありません。
とことん、書き出して、眺めて、想像してみて下さい。
自分がそのリストの中から一つ、二つ実践しているところを。
そして、一つでもすぐに実践できそうなことがあったら、やってみましょう。
無理だと決めつけずに、その夢や目標や願いを叶えるために
調べものをしたっていいですし、友達に相談してみてもいい。

何らかの小さなアクションを取ってみましょう

たまにリストを眺めてみてください!

そして、暇なときに、そのノートを取り出して眺めてみて下さい。
あれ、これ出来ている、やろうとしてみた、やってみたなどが見えてくるはずです。
もし、出来ていたら目いっぱい自分を褒めてあげましょう。
私は、リストに書いたことをどんどん達成しましたが、もちろん出来ないで諦めたものもあります。
もし良かったらトライしてみて下さい。
自分の好きが見えてきます。

もちろん、苦手も見えてきます。

自分と向き合って、まずは、自分の好き・自分の心が動くことをやってみましょう

 

関連記事

PAGE TOP