パニック障害との付き合い方のカギは、長い目で見ること

今すぐ苦しみから解放されたい方からすれば

この題名を読んだだけで「嫌だな」と思われるかもしれません。

そのお気持ちは、よーく分かります!

回り道して、苦しい道を歩んで、重苦しい日々を過ごしてきたはずです。

その上で、更にパニック障害を長い目で見てやるなんて!

もし私がパニック障害の渦中にいて、これを見たなら、

激怒していたかもしれません。

でも、パニック障害と付き合っていく中で、振り返ってみると

苦しいことは多かったものの、

楽しいこともあった

笑えることもあった

感動することもあった

生きてて良かったと心から思える日々もあったのです。

苦しいけれど、作り笑顔を浮かべることはできます。

苦しいけれど、やれることはあります。

思うようには出来ないかもしれませんが、全てを感情のせいにして

何かをしない選択をしないで下さい。

人生何があるか分かりません!

私はパニック障害を抱えながら、前を向く決意をしました。

治療中に、絵本の翻訳をし、キッズヨガを教える資格を取りました。

これを越えたら、すごいワクワクが待っているかもしれません。

最後にパニック障害と闘っているあなたは、本当に勇敢です!

 

 

 

関連記事

PAGE TOP