治そうと躍起になると余計に治らない?

よく芸能人の方がパニック障害であることを明かして

絶対に治して戻ってきますと宣言される方がいます。

もちろん、私だって、鼻息荒く絶対に治したいと思いました。

そして、躍起になりました。

不安を抑えつけてやろうと。

心を強くしたいと。

どんなことがあってもブレない心を作ろうと。

だから、しっかり勉強して治す方法を見つけようと。

 

必死ですよね。

肩が凝りそうな感じがしませんか?

息が詰まりそうな感じがしませんか?

 

結論から申し上げると、不安は抑えようとすると

もっと強い不安になって、自分を追いかけてきます。

そこに執着すればするほど、強くなる性質があります。

 

どうにか抑えようとすると、漏れ出してくるのです。

だから、不安な気持ちを感じているんだなぁとまずは認めましょう。

抑えようと躍起になっている自分がいるんだなぁと認めましょう。

どんな身体症状を感じているかを理解して、余裕があれば言葉にしてみましょう。

 

これをしたところで何か得られるのですか?と問われると思います。

これをしたところで、直ぐに不安が解消される訳ではありません。

ただ何を考え、どんな風に感じているのか

とりあえず、自分の感覚に耳を澄ませてみて下さい。

 

パニック障害を生み出した背景に、必ず自分の歪んだ思考の癖があります。

それも年季が入ったものです。

年季が入っている分、数日や数か月で治る病気ではないことはお分かりですよね?

肩の力を抜いて、ゆったりとした気持ちで向き合いましょう。

ここで、イラっとされた方、それも分かります。

そんな悠長なこと言ってられないって!

でも、どんな病気も改善の道は緩やかです。

関連記事

PAGE TOP